アコースティックギターを持ったサムライ Toshl ~”SAMURAI” Toshi with Acoustic guiter

Xjapan
この記事は約6分で読めます。

photo credit: Sasoriza 20101007_215127 via photopin (license)

生き生きとしたアコースティックギターを持った侍、TOSHI

「いつまでもどこまでも?ギター弾き語り」LIVE ver.         

ピース又吉との旅の最後にこの曲を弾き語りしている。自然の中でToshiの生声が聞ける又吉がうらやましい。

(出典:YouTube)

1994年白い夜でToshl、HIDE、PATAのトリオで登場し、アコースティックで「ROSE OF PAIN」の演奏を披露。見事にアレンジされて、しっとりと素晴らしいアコースティックギターの曲に生まれ変わっている。そして、生き生きと美しい歌声と?ギターを奏でるTOSHI。

Toshlは、アコースティックギターでX Japanの曲をアレンジするのが好きなのだろう。アコギを持った、HIDEとPATAの雰囲気もしっとりとしてかっこいい。

- YouTube
Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on Yo...

(出典:YouTube)

👇2008年3月、東京ドームでの復活ライブでの「Say Anything」アコースティックバージョン。まだ洗脳が解けてない頃だけど、好きな曲を歌う時のTOSHIが幸せそうで、表情がとても素敵。

再結成した時期の短髪のTOSHIの髪形がすごくかっこよくて大好き?

(出典:YouTube)

2009年5月2日、東京ドームライブで披露された、Rose of Painのアコースティックバージョン。大きな会場にToshlの迫力あるハイトーンボイスが響き渡る。

ギターの弾き語りが得意なToshlだけに観客をすっかり自分のワールドに引きこんでいる。

Toshlの情感のこもった歌声が大きな東京ドーム内にこだまする。これまでたくさんな困難を乗り越えてきたTOSHIの生き様が歌にしっかり表れている。Toshlの感性がとても素晴らしい✨

(出典:YouTube)

👇SUGIZOのバイオリンがイントロを盛り上げる。「BLUE BLOOD」のアコギバージョン。

どうなの?と思いきや、Toshlの優れたアレンジで見事にさらに力強い曲に生まれ変わっている。歌の後のMCでのTOSHIのファンへのメッセージが「これからは運命共同体のみんなとともに幸せになる」とTOSHIの表情に喜びがあふれていて、嬉しくて泣けてくる。

Toshlは、長年の間、ファンの力強い応援に支えられて頑張ってこれたんだね・・

(出典:YouTube)

Toshl「これからの人生は、みんなで幸せになりたい。みんなで幸せになろうぜ!!」

おかえりなさい、Toshl?感動をありがとう。幸せになろうね。」

そしてありがとうHIDE。ありがとうYoshiki。奇跡は起こるんですね。こんなにも素晴らしいX Japanというバンドに出会えて、こんなにも素晴らしい曲を深く心で感じることが出来るなんて。この曲を歌いながら、Toshlは何を想っているのだろう。HIDEやTaijiのことに初めて会った時のことやXのメンバーとして共に過ごしてきた日々かな・・・。

これからもずっと信じよう、X Japanを。YoshikiとToshlを。

- YouTube
Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on Yo...

(出典:YouTube)

👇2016年2月28日、DIR EN GREYのShinyaさんの誕生日にこの曲を贈っToshl。この時、Toshlは、39℃の高熱を出していて解熱剤を打って歌っていたそう。そういうことを全く感じさせない、この美しく魂のこもった歌声にToshlのShinyaさんへの想いとプロ意識を感じる。

(出典:YouTube)

2018年、ラジオパーソナリティをつとめてたToshlはゲスト出演した生田斗真とCUTTさんと3人で「Silent Jealousy」を熱唱した。生田斗真は、筋金入りの運命共同体で「Silent Jealousy」を歌いこんでるようだった。たった一回きりで終わりにするにはもったいないと思うほど、この時のアコギでの演奏が素晴らしかった。Toshlと生田斗真のハーモニーが美しかった。

(出典:YouTube)

アコースティックギターのライブ中のToshlは、いつもより生き生きとした表情をして歌っているように私は思える。

ギターを弾きながら歌うToshlは、心から歌うことの楽しさを感じているようだ。

メドレー ROSE OF PAIN~LONGING~SAY ANYTHING~Without You~Silent Jealousy

(出典:YouTube)

👇2017年、ソロライブで「Rusty Nail」を歌うToshl。

この時もToshlの表情も明るく生き生きとしている。しかもイヤリングをしてるToshlが可愛い?少し残念だが、サビは観客にマイクを向けて歌わせている。

https://youtu.be/Jl5ujk41TC4

(出典:YouTube)

実はTOSHIは、Taiji(作曲)とToshl(作詞)の共作「Voiceless Screaming」をCDの中で一瞬だけギターを弾いてるらしい。本当にToshl本人は弾いてると言っていた。

アルバム「Jealousy」がリリースされた直後もToshlが「ボーカリストとして歌いがいのある、歌い上げの曲だから暴れる曲の中にこういうのが1曲あると締まります。」と話していた。

この曲は、TOSHIのTaijiとの思い出のつまった曲。声が出なくて辛かったTOSHIの気持ちを受け止め、Taijiが曲を作ってくれた。言ってみれば、”TOSHIとTaijiの友情の結晶”である曲だ。
ToshlにⅩJapanのステージで「Voiceless Screaming」をTaijiを偲んで歌ってもらいたい。 We are X !!

(出典:YouTube)


?Toshil関連記事をどうぞ!

「Toshlに歌ってもらいたい英語の曲」も見てねToshlに歌ってもらいたい英語の曲5選
「スイーツ男子のToshilよりロッカーToshilが好き」も読んでね☛スイーツ男子のToshlよりロッカーのTOSHIが好き!!

コメント

error: Content is protected !!