Yoshiki feat.KISS ”YOSHIKISS” & HIDE 

hide
この記事は約10分で読めます。

(👆画像引用元:jrocknews.com)

YoshikiとKISS、そしてhide

Yoshikiが今年2019年12月11日の東京ドームでのKISSのライブにサプライズでゲスト出演し、”Beth”でピアノを演奏し、”Rock and Roll All Nite”ではドラムを演奏した。

YOSHIKIが友情参戦・「KISS」最後の日本公演

(出典:YouTube)

👇KISSの名曲、”Beth”をピアノ演奏するYoshiki。

 

👇Yoshikiがドラムを演奏した”Rock and Roll All night”。

KISSファンがノリノリになる、KISSの大人気の曲。(BrooklynnBridgeの横の野外ライブの時のKISS)

KISS – I Wanna Rock N Roll All Night – 1996

(出典:YouTube)

👇最近のKISSはラスベガスでも大迫力でド派手にライブをやっている。

すごい、KISSファンの熱狂ぶり。

Kiss – Rock And Roll All Nite – Rocks Vegas

(出典:YouTube)

”Beth”は、hideのお気に入りの曲だhideは、ラジオ番組でKISSのお気に入りの曲について話していた。

👇1995年のHIDEのラジオ番組でのトーク。

We Love KISS (X JAPAN HIDEトーク部分) 1995年インタビュー音源

(出典:YouTube)

👆これは「Rock and Roll All Nite~We Love KISS」というラジオ番組でのhideのトーク。

この番組内コンテンツの目玉で、1995年に収録されたKISSのインタビュー音声、hideのインタビュー音源をオンエアした。これは、当時の番組ディレクターによって約24年間保管されていたもので、KISSへの熱い思いを語るhideの肉声を収めた貴重な内容。

hideのお気に入りのKISSの曲

hideの推しのKISSの曲をご紹介。KISSのあの見た目からは想像できない、ストレートで聴きやすいメロディアスなロックだ。

👇”BETH”

KISSの東京ドーム公演の時、アンコールでやった曲で、Yoshikiはピアノを弾いた。

この曲を聴いて、YoshikiがKISSの影響をかなり大きく受けてきたことがわかった。”Beth”には、シンフォニックバージョンもあって何度かライブにオーケストラを招いてやったことがある。

シンフォニックバージョンやアコースティックバージョンを聴くと、本当に美しいカントリーな感じのする曲だと思う。

KISS – Beth (#15) @ ROCK AM RING 2010

(出典:YouTube)

👇”Great Expectations”

KISS – Great Expectations

(出典:YouTube)

👇”Hard luck Woman”

Hard Luck Woman

(出典:YouTube)

👇”Hard Luck Woman”のアコースティックバージョン。

美しいメロディー。メロディーを重要視してるYoshikiの曲と共通してる。

KISS – Hard Luck Woman Unplugged ( 1 Luv Productions ) ♥♫ Te Amo -Te Adoro – Until Then ..

(出典:YouTube)

Yoshikiが小学校5年生の時に行ったKISSの武道館ライブ

1977年4月にKISSが初来日し、日本武道館でライブを行った。

この時にYoshikiは母親と弟と一緒に千葉の館山から電車に乗り継いで、日本武道館のKISSのライブを観に来ていた。

その約一カ月後、NHKでこの時のKISSのライブの様子が放送された。そしてさらにその後その時のNHK特別番組の放送が2004年に再現されて再放送された。

この時の放送では、筋肉少女帯の大槻ケンヂとローリー寺西が当時を思い出して興奮した状態で伝えていた。その当時(1977年のKISSの来日当時)小学生だった大槻ケンヂは「小学生でコンサートに行けないため、家のお茶の間のテレビの前で正座をして見た」と話していた。

このKISSの初来日ライブにYoshiki(佳樹少年)は母親と赤ちゃんだった弟をひっぱって観に行っていたのだ。( ´艸`)  Yoshikiの母さんは、わけもわからないうちにYoshiki(佳樹)に引っ張り出されて、遠足のようなものに行くのだと思って着物を着て寿司弁当を持参していったらしい。

物凄い爆音とともにライブが始まったので、横に弟を膝にのせて座っていたYoshikiのお母さんは、「なんていうところにお母さんを連れてくるの!」とYoshikiに言ったらしい( ´艸`)

2004年に再放送されたNHKの番組は転載が出来ないので、当時(1977年)のKISSの公演の動画をアップしました👇

KISS LIVE 1977 Japan

(出典:YouTube)

👇この時のライブのことをYoshikiがジーンシモンズとの対談の中で話していた。

2016年、そして今年2019年にも開催された「KISS EXPO」の時の対談。

「KISSに出会ってなければ、今の僕はない。」とジーン・シモンズに話すYoshiki。少年時代に父を亡くして心がすさんでいたYoshikiを立ち直らせてくれたのは、KISSという偉大な世界的ロックバンドだった。

YOSHIKI xジーン・シモンズ対談「KISSに出会ってなければ、今の僕はない」

(出典:YouTube)

この時のKISSのライブを観たYoshikiは、「もうロックしかない!」と言い放って、ロック人生を歩むことに決めた。そして、その後にToshlとともに伝説のロックバンドXを結成したKISSは、Yoshikiの人生に大きな影響を与えた存在であり、”夢の原点”だった。
YoshikiがKISSのライブに行った後、同じくKISSの大ファンだったToshlは、YoshikiからKISSのライブに行った時のことを聞きまくった。この頃のYoshikiとToshlは、KISSのことを話して盛り上がっていたらしい。

YoshikiとKISSのジーン・シモンズとの交流

Yoshikiは、1994年からKISSのベース担当でプロデューサーのジーン・シモンズとの交流が始まった。きっかけは、KISSのトリビュートアルバム『KISS MY ASS』で”Black Diamonds”という曲でYoshikiがプロデューサーとして参加したことだった。それ以来、YoshikiとKISSに縁ができた。

(画像引用元:jrocknews.com)

2016年、そして今年2019年に開催された「KISS EXPO」にもYoshikiは足を運んだ。

今年の「KISS EXPO」の前にYoshikiのニコ生放送「Yoshikiチャンネル」にジーン・シモンズがゲスト出演した。ジーン・シモンズとYoshikiがかなり仲睦まじい関係であることが伝わってくるものだった。

2019年ワールドツアーで、KISSがライブ活動を完結

(画像引用元:https://endoftheroad.udo.jp/)

👇2019年ワールドツアーでのKISSのステージ(In London)

今年のワールドツアーで45年に続けてきたKISSのツアー活動を完結させるということだ。そういう理由があって、今年はYoshikiがKISSのツアー活動の集大成を飾るためにKISSの活動をサポートしているようだ。ジーンシモンズは現在70歳、他のメンバーも全員60代以上なのだ。最近まで体調を崩して、病気の治療をしていたメンバーもいる。

それでも、KISSメンバー達は、体力も精神力も全開で今が一番の絶好調だという。日ごろから、彼らがどれだけステージに向けて心身を鍛えているかがステージを見るとよくわかる。

KISS London 2019 Multicam -Full Show- 07/11/2019 End Of The Road Tour

(出典:YouTube)

Yoshiki feat.KISS”Yoshikiss”で2019年の紅白歌合戦に出場!!

KISSは、記念すべきラストツアーのステージにYoshikiを招き、Yoshikiは、日本を歴史ある年末の国民的歌番組「紅白歌合戦」にKISSを招くという、双方に深いつながりがあってこその夢のコラボレーション。今回、Yoshikiは特別枠としてKISSとのコラボ出演をすることになった。

「紅白歌合戦」のステージでは、”Rock and Roll All Nite”を演奏することが決まっている。KISSのライブでは、この曲でYoshikiがドラムを叩いた。そのため、紅白歌合戦でもYoshikiがドラムを叩くことが予想される。

         (画像引用元:prtimes.jp)

昨年は、世界の歌姫サラ・ブライトマンを紅白歌合戦に招き、それに続いて、今年は世界的ロックバンドであるKISSを招くというYoshikiにしかできない偉業は、日本の「紅白歌合戦」を世界的に広めていくことに貢献しているといえる。

今回の紅白歌合戦は、「夢を歌おう!」というテーマを掲げている。このようなテーマであるため、YoshikiとKISSが特別枠として出演することになった。

「yoshiki kiss」の画像検索結果

         (画像引用元:音楽ナタリー)

Yoshikiは、

会見で「頑張って生きていれば良いことがあると思いました。毎年紅白では“何か”をやらかしているので、かなりショッキングなステージになると思います。やるからには、大きなインパクトを残すパフォーマンスをお見せします」と語った。

KISSのジーン・シモンズは、

「世界中で一番好きな国のNHKというテレビ局に出演することができて光栄」、「YOSHIKIは日本のレジェンドなのに謙虚な心を忘れない。仕事に対する謙虚な姿勢に影響を受けた」とコメントしたという。

(引用文献:barks.jp)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thank you everyone! It’s an honor to play with KISS! 少年に戻ってしまった。。 #NHK紅白 #Yoshiki x #KISS #YOSHIKISS

Yoshiki(@yoshikiofficial)がシェアした投稿 –

紅白歌合戦での共演のステージでは、Yoshikiの美しいピアノ演奏から始まってポールスタンレーがYoshikiを友達として紹介した。そして、YOSHIKIは即座にドラムに移動してエリック・シンガーとともに豪快なドラムプレイを魅せてくれた。

ラストで、ポールスタンレーがギターを振り回して破壊し、迫力満点のパフォーマンスで視聴者を驚かせてくれた。

コンバンハ、日本。この舞台に立てて光栄だよ。今日は友達のYOSHIKIと演奏する『Rock And Roll All Nite』だ!」

そしてこの後、YOSHIKI×KISSの紅白歌合戦で共演した内容がアメリカのグラミー賞のオフィシャルサイトで紹介され、話題を呼んだ。

今年の紅白歌合戦も来年に続いてYoshikiがソロで出演することについて思うこと

今年はXJapanとしての活動が全くなかった年なので仕方ないこととは思うが、解散前には3回出場し、再結成後には2015年から3年連続で3回出場して、合計6回もⅩJapanとして出場していた。しかし、昨年からはYoshikiとして2年連続で2回出場した。ⅩJapanのファンとしては、ここしばらくの間はXJapanとして出場できていないことをとても残念に感じている。

来年こそは、XJapanとして活動してもらいたい!!と強く願うサイト管理人であります。

「今年、2020年のX JAPANの活動はどうなるのか?」☛今年2020年のⅩJapanの活動はどうなる?~Yoshikiが下した決定~
「龍玄ToshlとLUNASEAのメンバーの久しぶりの再会に思う事」2019年結成30周年のLUNASEAメンバーと龍玄Toshlの久しぶりの再会に思う事
「今、Yoshikiが求めているもの」今のYoshikiが求めているもの
「ⅩJapanのメンバーが今の活躍休止をどう思ってる?」「ⅩJapanのメンバーは今のⅩJapanの活動休止状態をどう思ってるのか?」を分析

コメント

  1. かのこ より:

    私も東京ドーム昨年12月に行ってきました!遠くの席でも2万円!高い!笑
    でも最後にYOSHIKIさんが出てきたときは、やっぱ世界制覇の貫禄?オーラがでてました。
    KISSのボーカルさんが、上を向いて歩こうを日本語で歌ったんですが
    あれは、絶対YOSHIKIさんが教えたのではないかと思います。

    KISSはHIDEさんも、大好きだったバンド。
    HIDEさんが生きてたらさぞかし。。。大興奮だったろうと思うと少し
    せつなくなります。。。XとKISSのコラボ見たかったです。

  2. Minako Sawada より:

    かのこさん、こんにちは。( ´∀` )
    コメントありがとうございます。
    KISSの東京ドーム公演に行ったんですか!
    楽しめました?
    今回最後の日本公演ってことだから、行く価値はあったでしょうね。
    「上を向いて歩こう」=「SUKIYAKI」(英語タイトル)をポールスタンレーが歌ったんですね。( ´∀` )
    YOSHIKIの登場に会場が沸いたでしょうね。
    YOSHIKIがドラムを演奏したのには、賛否両論みたいだけど、あれはKISSの側から頼まれたんですね。
    YOSHIKIは夢が実現ができて、嬉しかったでしょうね。
    本当にHIDEさんがいたら、喜んで一緒に出たでしょう。KISSとYOSHIKIの共演を天国から見ていたでしょうね。

error: Content is protected !!