私がこのサイトを創ったきっかけ

この記事は約2分で読めます。

XJapanの原点

37年前、YoshikiがToshiと二人で仲間を集め、作ったバンドが”X”であり、そして作り上げてきた結果が”Xjapan” となって現在の形になった。

”X”というバンド名は、無限の可能性を持つバンドということで名付けたらしい。

「ファンに生かされている」 Yoshiki 

Yoshiki「自分はファンに生かされている」「ファンからもらった第二の人生」という言葉をいつも言っているのを聞いてYoshikiはこのXjapanというバンド を自分とファンとの共有の宝として守り続けたいのだと思う。

Yoshikiが作ったXが今こうして30年以上、形を変えながらもこのバンドを続けてきてファンに期待や感動を与え続けているのを見て、とても素晴らしいと思う。

もちろん、アルバムがもう20年以上出ていない、ライブでやる曲が最近は同じ曲ばかりだとか、ファンの人でもいろいろと言いたいことがあるだろう。

それでも、今だに人気があって話題に事欠かないバンドでいるのだ。

XJapan、Xは実に様々なドラマを創ってきたバンドだ。そこには悲劇も多くあったが、たくさんの感動もあった。

photo credit: jus10h X Japan 10/11/2014 #64 via photopin (license)

世界的に見ても、こんなにいろんなドラマがあるバンドはない。たとえそれが悲劇を含んでいたとしても、そういうものも含めて全てがX Japanのこれまでの軌跡なのだ。

Yoshikiは、多くの悲劇に出会っても、その全てを自分で受け止めていこうとしているのだと思う。だから、「We are X」という映画をつくったのだ。

こんなにすごいバンドは世界中を探しても絶対にない。まして、こんなにいろいろな事をやってきたバンドは他に存在しない。

このXJapanというバンドがどれだけ魅力的バンドなのかを多くの方に伝えながら私自身でもう一度実感したい。そして、たくさんの運命共同体の方達と触れ合いたい。

そういうことから、私はこのサイトを創ろうと思った。

 X-JAPAN Bloodサイト管理人  沢田美菜子より

 

【補足事項】当サイトの情報については、できるだけXJapanメンバーの本人たちが実際に語った内容をに基にするようにしております。そのため不確かな週刊誌の記事のような内容等は載せないようにしているため、そういう内容が抜けていると感じる方もいらっしゃるかもしれないのですが、その点ご了承頂ければと思います。沢田美菜子

 

 

 

error: Content is protected !!