X JAPAN、LUNASEA、GⅬAYのビジュアル系の絆②~X JAPAN YoshikiとGLAYの絆~

Xjapan
この記事は約5分で読めます。

photo credit: ChairWomanMay XJapan_MSG_10112014_137 via photopin (license)

XJAPANのYoshikiとGLAYの絆

GLAYをプロデュースしてデビューさせたのは、Yoshikiだ。GLAYのデビュー曲の「RAIN」を手がけたのもYoshikiだ。それだけYoshikiとGLAYとの関係はとても深い。

2015年、GLAYは、デビュー20周年を迎えた。そして、その時にYoshikiは東京ドームのGLAYのデビュー20周年記念ライブに出演した。

この時、TAKUROが弾いていたギターは、SUGIZOモデル。これには訳がある。TAKUROは、本当は先輩で大の親友のSUGIZOもステージに呼びたかったらしい。しかしそう簡単に呼べなかったので、SUGIZOモデルのギターをステージに持ち込んだ。
YOSHIKI、GLAY20周年記念東京ドーム公演にサプライズ出演!!

(出典:YouTube)

YOSHIKIさん、GLAYのRainを弾く

(出典:YouTube)

GLAYとYoshiki、師弟関係の共演に東京ドームはものすごい歓声で揺れたYoshikiはGLAYのメンバーの生みの親。GLAYのメンバーを見るYoshikiの目が優しさに包まれていた

そしてギタリストのTAKUROのギターは、SUGIZOのギターだ。GLAYとXJAPAN、LUNASEAとの結束、絆はとても固い。元祖ビジュアル系バンドの絆で結ばれている。

「GLAYのデビューのきっかけをつくったのは、僕かもしれないけど20年間GLAYを支えてくれたのは、ファンやスタッフです」とYoshikiは、涙を流しながら、まるでGLAYの保護者のように彼らの晴れのステージで話をした。

GLayとYoshikiとの初対面は、Yoshikiが自らライブハウスまで足を運んでGLAYのライブを観に行き、その後GLAYのメンバーをエクスタシーレコードの東京事務所に呼んだ。

TAKUROは、エクスタシーでのGLAYのレコード制作、販売を約束され、さらにYoshikiが新たにメジャーのレコード会社を設立するので、そこで初めてのバンドとしてデビューさせてくれるという話を聞き、少し考えた。(その頃は)まだ無名のGLAYが(単独で)メジャーデビューするのは弱い」と考え、その場でYoshikiにピアノをお願いすることを思いついたという。

Yoshikiというネームバリューのある大物アーティストにピアニストとして加わってもらうというアイデアをTAKUROは思いついたのだ。その当時、まだGLAYはライブで150人くらいのファンしか集められなかったため、メジャーでデビューして簡単に売れると思わなかったからだ。このTAKUROのアイデアが功を奏して、見事にGLAYは華やかなデビューを飾った。

Yoshikiから「君たち、GLAYは結構イケると思うんだ。」「とにかく頑張ろうね。」「僕がイチオシでバックアップするからね。」と言われ一人一人と固い握手を交わした。
【衝撃】XJAPAN YOSHIKIとGLAYとの出会いにファンも感動 ウソのような本当の話

GLAYがエクスタシーの事務所にその後、出入りするようになってから、GLAYへの指導係は、TOSHIの役目となった。そして、hideも彼らに音楽のことをはじめとする様々なことを教えてくれるようになった。

(出典:YouTube)

YoshikiとTERU

👇ルナティックフェスタ(ルナフェス)2018では、Yoshikiがソロで出演してステージを盛り上げた。その時にGLAYのTERUが登場し「SAY Anything」を歌った。そして、、SUGIZOはバイオリンを弾いた。

Yoshiki feat Teru, Sugizo – Say Anything(LUNATIC FEST 2018)

(出典:YouTube)

SUGIZOとTAKURO

GLAYの大ヒット曲「However」の誕生秘話。

TAKUROが、SUGIZOのロンドンの家でSUGIZOのレコーディングをしている間、SUGIZOの娘の子守をしながら待っている間に作った曲がGLAYの大ヒット曲、「However」だ。

TAKUROは、昔よくSUGIZOの家に入り浸っていたらしい。SUGIZOもTAKUROの家に遊びに来ていたらしい。TAKUROがSUGIZOに「親友って呼んでいいですか?」と訊いてみたら、SUGIZOは、「何言ってるんだよ。もう何年も前から親友じゃないか!」と答えたらしいTAKUROはこれを聞いて、涙が出るほど嬉しかったらしい。

TAKUROにとってSUGIZOはいろいろ音楽のことを教えてくれる先輩なので、その先輩が同じ立場で自分を見てくれていると感じたことで、2人の距離は縮まった気持ちがしただろう。

SugizoTube Vol.4「LUNATIC FEST.2018 SPECIAL」TAKURO/HISASHI(GLAY)、ミヤ(MUCC)、松尾レミ&亀本寛貴(GLIM SPANKY)生出演~

(出典:YouTube)

デビューして以来、GLAYは1990年代に大ヒット曲を飛ばし続けた。大ヒットの代表曲に「BELOVED」「HOWEVER」がある。

GLAYはYoshikiが「君たち、いけると思う」と言った通り、10万人コンサート開催をできるほどの人気バンドになった。このGLAYのメンバーは高校時代にバンドを組んで以来、30年以上も一緒にバンド活動をし続けてきているメンバーだ。今だにライブが終わるとすぐ飲むらしい。

GLAYのメンバーがなぜこれほど仲が良いのか、良い人間関係をキープしている秘訣を聞きたい。

GLAY 名曲メドレー!! 最強の90年代!!

(出典:YouTube)


👇関連記事も見てね~

【関連】「ⅩJapanよりも前にヴィジュアル系の原型を作ったカリスマバンド」ⅩJapanの前にビジュアル系の原型をつくったカリスマバンドDEAD END

コメント

error: Content is protected !!