少年時代のTaiji ~やんちゃ坊主の”たいちゃん”~

taiji
この記事は約10分で読めます。

やんちゃ坊主だった沢田泰司

XJapan(Ⅹ)のTaiji(本名:沢田泰司)は1966年7月12日生まれ。出身地は千葉県市川市。

2019年7月12日はTaijiの53回目の誕生日おめでとう、Taiji💛
晩年のTaijiは、日産スタジアムの時のTaijiは少しぽっちゃりしていたので太っていたという事を言う人が多い。でも、あの後にお酒を完全に断ってストイックに筋トレをして、日産スタジアムから4カ月にはTaijiはX時代の頃のスリムなTaijiに戻っていた。
Taijiは日産スタジアムの頃をのぞけば、ずっとスリムでモデルのようだった。日産スタジアムの時は、お酒を飲み過ぎていたのと膠原病の薬の副作用があったのだろう。
👇TSPのメンバーのSHUさんと後輩ミュージシャン零時さんと一緒のTaiji。2010年12月末頃の写真。
                  (画像引用元:http://blog.livedoor.jp/sinyareizi)

Taijiは小学校時代はサッカー部に所属していた。その上、地域の少年野球にも所属してした。運動神経がとても良く、すごく足が速かったらしい。そして喧嘩が強くやんちゃ坊主でガキ大将。Taijiは、子どもの頃から”たいちゃん”と呼ばれていた

Taijiが生まれ育った市川市は、江戸川をはさんで東京都と隣接している。

私の出身地は東京都葛飾区。市川は葛飾区から見て江戸川の向こう側でお隣どうしのような関係なので、とても馴染みがある。

市川の国府台という所に「里美公園」という公園がある。私は子どもの頃、遠足でここへ行った。Taijiも近所なので里美公園によく遊びに行ったらしい。亡くなった後、婚約者の赤塚友美が書いた本「沢田泰司」にTaijiが実家や里美公園の辺りに遊びに行った写真が載っている。

映画「寅さん」で知られる柴又の帝釈天から少し歩いて江戸川の川岸にある矢切の渡しに乗って向こう側に渡り、しばらく歩くと里美公園につく。けっこう歩くので、良い運動になる。

 Taiji誕生の地巡りとお墓参りをかねて少し足を延ばして行かれると良いですよ♪

      👇の写真は里美公園の園内のもの。ここは、春は桜まつりで毎年賑わう。

       (画像引用元:https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/16022)
Taijiは、かなりの釣り好きで江戸川の川沿いにテントを張って釣りに明け暮れていたらしい。小学生の時、釣り雑誌に取材を受けて載ったらしい。(デビュー後に雑誌のインタビューで話していた。)

毎年8月には江戸川をはさんで市川側と葛飾区側の両方で花火大会がある。日本的な風情のある場所。だいぶ話がそれましたが。。( ´∀` )

nguyentuanhung / Pixabay

一方、Taijiは父親の影響があって小学校2年生でアコースティックギターを始め、わずか3カ月後にクラス会で「愛のロマンス」(映画「禁じられた遊び」のテーマソング)を披露したのが初ステージだった。

Taijiの父親は、お酒を飲むとTaijiを横に座らせてアコースティックギターを弾いていたので、それを見たり、教えてもらったりしてるうちにアコースティックギターを弾けるようになったらしい。
Taijiは2歳の時に誤って父親の経営していた工場の機械に指を突っ込んで、右手の中指の第一関節までを切断してしまったのだが、Taijiは中指の代わりに薬指を巧みに使ってアルペジオなどの技術を覚え、みるみる上達していった。

 

👇Taijiが初ステージで演奏した曲「愛のロマンス」

「この曲を小学校2年の子が3か月で弾けるようになったなんて。。」と私は驚いた。

この動画でギターを弾いている村治佳織さんというプロのギター奏者も子どもの頃にお父様からスパルタ教育を受けて、ここまで素晴らしい演奏をできる🎸ギター奏者になったそうです。

愛のロマンス 村冶佳織 UPC‐0076

(出典:YouTube)

中学校に入るとTaijiは卓球部に所属し、中学3年の時に選手に選ばれて県大会で2位になった相当、運動神経が良かったようだ。

家庭環境的にはTaijiが中学生になると両親が離婚し、その後に母親が再婚したため、その頃からTaijiは非行に走るようになったらしい。母親の再婚相手、Taijiにとっての義理の父親との反りが合わなかったらしい。

1982年、Taijiは千葉明徳高等学校に入学。高校に入学してからは毎日🎸エレキギターを練習していた。

Taijiは、アイアンメイデン、ディープパープル、レインボー、Kiss、ビートルズ、ラウドネス、子供ばんど等、幅広いジャンルの曲をコピーしていた。
👇Taijiが影響を受けたギタリスト、リッチーブラックモアがギタリストをしていたDEEP PURPLEの”Smoke on the Water”. Taijiがベースソロで演奏したお馴染みの曲だ。
Deep Purple – Smoke on the Water

(出典:YouTube)

👇Taijiにとって”雲の上の存在”、アイドルだった、LOUDNESS(ラウドネス)。

Crazy Doctor – LOUDNESS live at Pennsylvania 13.aug.1985

(出典:YouTube)

X(X Japan)脱退後の1992年1月にTaijiが憧れのギタリスト、晃師匠から連絡を受けて加入することになる。”晃師匠”、高崎晃さんとTaijiはXがデビューする前から面識があって時々遊んでいたらしい。
「ラウドネスのTaiji」ラウドネスのTaiji ~Taiji in LOUDNESS~
「多くのバンドに影響を与えてきたラウドネスの存在」☛XJapanやB’zなど多くのロックバンドに影響を与えてきたラウドネスの存在

Taiji、高校一年生でプロのミュージシャンになることを決意

 そしてTaijiはプロのミュージシャンになるため、学業を卒業。高校を一年で退学する。

この頃、Taijiは「トラッシュ」というバンドを組み、そこではTaijiはギタリストだった。Taijiと同時期に「トラッシュ」にいたメンバーに後のLADIES ROOMのHyakuがいる。

「トラッシュ」の時にコンテストに出場した。その時、Taijiが作ったオリジナル曲で出場し、Taijiはベスト・ギタリスト賞を受賞。

その後トラッシュを脱退し、「ディメンシア」というバンドでベーシストがいなかったため、半年間ベースを担当したことがきっかけでベースに転向する。(1984年)

ディメンシア時代は「Ray」と名乗っていた。Taijiが言うにこの時に「ベースという楽器の奥深さにハマった」らしい。

ディメンシア脱退後は、「トレーラー」に加入したが、リーダーと反りが合わず一度もライブを行わないで脱退した。

Taiji、Yoshikiと出会ってX(XJapan)に加入、プロのミュージシャンの道へ

そしてこの頃、親から家を勘当され、実家を飛び出して友達のバイトしていたラブホテルで住み込みで働くようになる。ラブホテルでは朝8時から夜12時までベッドメイキングとして勤務し、その後の時間でベースの練習をしていた。

いくつかのバンドを渡り歩いているうちにYoshikiと出会う。

そしてTaijiは1985年にYoshikiから「Xに加入しないか」と熱心に(しつこく)勧誘された音楽性の違いがあったが「こいつ(Yoshiki)となら、音楽以外の事も一緒にやれそうだ」とTaijiが思ったことからXに加入する。

そして、なおかつTaijiが加入する条件としてその時のギタリストを辞めさせてTaijiが指定する人間に交代させた。そこまでしてYoshikiはTaijiベーシストとしてXに加入させたかったということだ。

その後Taijiは一度Xを脱退するが、脱退から一年後に偶然にもYoshikiと再会して酒を飲んで懐かしくなり「強い縁」を感じて再びXに加入。Yoshikiの家に入りびたるようになる。

Yoshikiの家に何日も泊まって寝食をともにし、一緒に生活しながらYoshikiとともにXのメンバー探しする。

YoshikiとTOSHIと一緒に「元気が出るテレビ」などのテレビ番組や、ヘビィメタル雑誌に出るようになる。

この時期にYoshikiの家で2人が一緒に生活していたことをYoshikiもTaijiもしっかり記憶していて、日産スタジアムの共演前に久々にYoshikiと再会してお酒を飲んだ時にTaijiが歯磨きのキャップを締めなかった話をYoshikiがしていたらしい。

👆そのことをTaijiも再会した翌日のブログに書いていたし、Taijiが亡くなった後もYoshikiが何度もニコ生放送でそのことを話してる。

 「YoshikiとTaijiの深い絆」もどうぞ☛X Japan YoshikiとTaijiの深い絆

そして、

 1986年から1987年にかけてTaiji、HIDE、PATAがX(今のXJapan)に加入

👇この5人のXのメンバーで伝説の「たけしの元気が出るテレビ」に出演し”やしろ食堂ライブ”を行った。これがHIDEの初仕事だった。

1:00~Taiji得意の火吹きから始まる( ´∀` )

X JAPAN 伝説の「やしろ食堂 LIVE」 HIDEが加入後はじめての仕事といわれる『元気が出るテレビ』出演(1987年7月19日)

(出典:YouTube)

👇”やしろ食堂ライブ”の後、YoshikiとTOSHIの故郷、館山に移動して館山商工会館でライブを行った。これは、その時のライブ映像。

5:55~TaijiがアップになってPATAと一緒に目立っている。PATAは凄いメイクだ。

★Xclamation 7:24Taijiのソロから始まる。すでにプロベーシストとしての貫禄がある。

Taijiは、かなり痩せている。この頃の泰司は20歳。Xのメンバーの中で末っ子だったので他のメンバーから可愛がられていたらしい。この頃のライブを観に行った人が「Taijiは少年みたいだった」と言っていた。

1987.06.07 at Tateyama Shoukou Kaikan [Band Explosion '87]

(出典:YouTube)

 

👇インディーズ時代のTaijiの画像がたくさん見られる動画。音源はXがデビューする前の貴重なもの。YoshikiとTaijiのリズム隊のすごさを実感。

Taiji tribute – Rare bass recording

(出典:YouTube)

こうしてTaiji少年(たいちゃん)は高校を中退した直後からミュージシャンとしての人生を突っ走っていった。

 

 

👇Taijiの53回目の誕生日を祝してTaijiバースデー動画がYouTubeにアップされてた。

TAIJI 53th Birthday

(出典:YouTube)

「Taijiの命日に想うこと」も見てね☛X Taijiの命日に想うこと ~Taiji tribute~

👇今年もYoshikiはTaijiのバースデーをちゃんと覚えていて、Twitterでハピバを伝えてくれてた。さすがYoshiki。かつての盟友、いや今でもXJapanのメンバーの一人であるTaijiの誕生日を忘れてない。Yoshikiの言うようにTaijiが今でもいてくれたらよかったのにな。

Wish you were there. Taiji (1966-2011) . 今日はタイジの誕生日。。

(Yoshiki Twitterより)

1990年11月ロサンゼルスで、YOSHIKIとTAIJIの演奏を聴いた地元メディアがこうつづった!YOSHIKIとTAIJIは日本を代表する最強最高のリズム隊であり世界に必ずその名を轟くかせるであろうと!TAIJIは日本屈指のベーシストで世界に名を刻んだ逸材である。(twitter.com/muneolunaより)  

 Taiji  forever!!  We love you so much !!




↓【関連記事】も見てね!!

「超イケメンベーシストTaijiの波乱万丈の人生」X Japanの超絶イケメンベーシストTaijiの波乱万丈の人生
「セクシーなTaijiの声が聞きたくて」もどうぞ☛セクシーなTaijiの声が聞きたくて・・・~I love sexy Taiji’s voice.~
「Taijiの作曲した曲に流れているもの」もどうぞⅩ Taijiが作曲した曲に流れているもの ~Taiji作曲集~

コメント

error: Content is protected !!